スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HASEGAWA 1/72 F-15 B/D EAGLE その3

このブログを御覧の皆様、こんにちは。

いきなりですが、F-15、完成させました。写真はいつものように画像処理をしています。

F-15を上から見たところ

前回の状態から、迷彩を施して、以前失敗して途中で投げたF-4のデカールを貼りました。

F-15を斜め前から見たところ

実機に詳しい人が見ると、日の丸が大きかったり、機体の番号がでたらめだったりしますが、
デカールを貼らないよりはずっとマシだな、貼って良かったなあと思っています。

F-15を後ろから見たところ

今回は凸モールドで仕上げようというテーマで、行いましたが、こう写真にすると、あんまり目立たないですね。
なので、次回は凹モールドで仕上げようと思います。

おかわりもう一杯

そんなわけで、もう一機、買ってきました。ベースは同じキットですが、個人的に単座の方がなんとなく好きなのと、全く同じのをもう一機作るのもなんだかなと思ったので、これにしました。
他のキットを完成させたいので、作るのは少し先になりますが、また挑戦しようと思います。

ではでは。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

HASEGAWA 1/72 F-15 B/D EAGLE その2

こんばんは。

いきなりですが、F-15はここまで進みました。
F-15全面

本体はほぼ組み上げて、キャノピーを接着してマスキングして基本色(水性ホビーカラー:エアクラフトグレー)で塗装しました。
キャノピーはつけないで、別途マスキングした方がいいような気がしますが、
いざとなったら引っ剥がして塗りなおせばいいやといったラフな気分です。
レドームなんかもあえて継ぎ目を消さないで凸モールドの復元の代わりにしようという
手抜きっぷりです(苦笑)

垂直尾翼の違い

話は前後しますが、このキットの垂直尾翼は写真のように左右で先端部分が異なります。
最初は成型不良かと思ったのですが、調べてみたら正しい仕様みたいですね。
ただ、日本に配備されている機体は左右とも同じらしいです。
なので、おゆまるで複製してみたのが、下の写真です。
ちなみにこの写真を撮った後、複製部分の先端が、へし折れましたorz
後で直さなきゃなあ。

垂直尾翼の型取り

で、また話は前後するのですが、凸モールドの復元にこんなものを使ってみました。

凸モールドの復元用釣り糸

元々は艦船模型の張り線用に買っておいた釣り糸です。ラベルに定価が書いてありますが、実際はもっと安く購入したような気がします。

で、モールドを復活させてみたのが、下の写真です。

凸モールドの復元

赤丸のところが復元したところですが、アップにするとちょっとよれてますね(^^;
元々のモールドと比較すると、ちょっと太いのですが、やらないよりはやってあるほうがいいので、
まあいいやといったところです。

正直なところ、随分と雑な工作ですが、なんとなく形ができてしまっているので、満足している自分がいます。
失敗作として放置して、もう一個キット買ってきてリベンジしたい気持ちもなくはないのですが、
途中で放り投げるのもアレなので、迷彩はちゃんと塗って、ありもののデカール貼って、何とか完成させたいと思います。

ではでは。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

HASEGAWA 1/72 F-15 B/D EAGLE その1

こんばんは。

アストレイは絶賛塗装中です。といっても、白塗りを地道にやってるので、ちょっと飽きて放置気味です。
こんなときは他のものを組み立てたくなりますね。

そんなわけで積んでる在庫からこいつを引っ張り出してきました。

F-15 B/D 箱絵

ホビーオフで投売りしていたF-15 B/D です。軽く調べた範囲だと、現在は絶版で、今はパーツとデカールをちょっと追加してF-15 D/DJとして売ってるみたいですね。

パーツ一覧

パーツの一覧です。あまり数がなくてサクッと組めそうです。現用機をまともに作るのは初めてなので、
練習にちょうどいいかな?と思っています。

ちなみにこんな懐かしいおまけが付いてきました

なつかしの接着剤

触ってみると今でも使えそうな雰囲気です。懐かしいですね。昔はこれで作ってたのもいい思い出です。

翼のアップ

翼のアップですが、パネルラインは凸モールドです。でも、フラップの部分は凹モールドですから、販売当時でも全部凹モールドにするのも可能だったのでは?と思いました。
さてこの凸モールドは削って彫りなおしが定番な気がしますが、あえて凸モールドにした理由みたいのが、
当時の技術・コスト的な問題以外にも、きっとあったような気がします。
なので、継ぎ目消しがめんどいですが凸モールドで組もうと思います。

黄ばんだデカール

デカールですが、やはり古いキットのせいか黄ばんでいます。
調べたところによると、日光を当てるといいとのことなので、日の当たる窓に貼り付けて3ヶ月くらい放置してました。その結果がこれです。

多少白くなったデカール

黄ばみはだいぶ取れたのですが、台紙が丸まってくるのをテープで抑えたため、端っこのほうが窓にくっついて持ってかれてしまいました(;_;)

なので、所属不明機になってしまうのは確定です。でもいいの。練習だから。

コクピット周り

で、早速コクピットの組み立てから入りました。計器類のデカールを貼るにあたって、事前にクリアを吹いておき、古いデカールがバラバラにならないようにしておいたのですが、1回しか吹かなかったせいか、見事にバラバラになってしまいました(;_;)

仕方がないので、計器類、手で書きました。線がよれたり、四角と丸の区別が付かなかったり、残念なできですが、やらないよりはずっとマシ。そう思っています。

仮組み写真

仮組するとこんな感じです。あまり目立たないので、計器類はこれで良しとします。
残りのマーキングについてはクリアを再度吹いて、再挑戦ですね。
うまくいくといいなあ。うまくいかなかったら、完全に所属不明機だな。

今日のところはこんな感じです。ではでは。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

園場成之

Author:園場成之
私のブログへようこそ!
ぬるいサイトですがどうぞ、お楽しみください。
模型友達募集中です!
リンクはご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。