スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BANDAI 1/144 GM その3

このブログを御覧の皆様、お久しぶりです。
病気したり、夏バテしたり、仕事が忙しかったりなんだりで、すっかり更新をサボってしまいました(^^;

季節も涼しくなって、やっと模型を触ったりブログを書いたりする気力が戻ってきたので、塗装中で放置していたGMを完成まで持ってきました。

素立ち前

まずは普通の立ち方です。胴体を幅詰めしてるのですが、こうやって見ると、あまり変化ないですね。

素立ち後ろ

後ろからです。ふくらはぎあたりの造形が、このキットのかっちょいいところだと個人的には思います。

今時の立ち方前

続いて今風の立ち方です。可動改造の甲斐があって、股を広げて立てるようになりました。

右斜め前

このカラーレシピですが、本体は水性ホビーカラーの明灰白色、赤いところは水性ホビーカラーのシャインレッド、カメラはタミヤアクリルのパークグリーン、手はタミヤアクリルのオリーブグリーン、武器はタミヤアクリルのガンメタルです。
子供のころにGMを作ったときのレシピとあまり変わりはなく、なつかしーとか思いながら塗りました。

右斜め後ろ

写真だとそれなりにごまかせているのですが、実物は結構荒い仕上がりです。
継ぎ目消しとか結構いいかげんです。

左斜め後ろ

思うにこういうシンプルなキットだと、自分のスキルの程度がモロに出るなあと思います。

左斜め前

今回のキットで言えば表面処理がやはりいまいちなのが反省点です。やり直すにはちょっとモチベが足りないので、今回はこれで完成として、次回作でまたがんばろうと思います。

上から

最後はなんかありがちなアングルの写真で〆です。最後まで御覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

BANDAI 1/144 GM その2

このブログを御覧の皆様、こんばんは。

先日からはぼちぼちとGMをいじっててやっと記事にする余裕がで敵ました。
今回は肩関節からです

プラサポとポリランナー

ポリキャップのランナーからT字の部分を切り取り軸にします。プラサポのほうは薄く切ってやります。

合体!

薄く切ったプラサポを2つ作ったら、先ほど切り取ったポリランナーに取り付けます。
この後ポリランナーがはみ出した部分は切ってしまいます。
あと肩パーツを写真の左のように加工します。


さらに合体!

プラサポもそのままでは肩に収まらないので端っこを切ってやります。

合体完了!完成!肩関節!

肩関節が完成しました。これで胴体に穴を開けてあげれば、後ハメできるようになります。
しかし、シンプルに組む予定だったのになんでか、可動工作ばかりしている気がします。
まあ、楽しいからいいんですけどね(^-^)

ここで、ちょっと話を中断して、このキットのすごいところを説明したいと思います。
まずは写真を見てください。

旧キットGMのすごいところ

GMの肩関節の内側は丸ではなく、多角形になっています。で、その下のピンで押さえることで、一定のテンションを保って間接がスムースに動きます。ガンダムと比べると後ハメできなくなった分退化してると言う説もありますが、強度を考えるとこのやり方はすばらしいと思います。
個人的にはガンプラの歴史は可動範囲を如何に増やすかの試行錯誤から出来ていると思っているので、時代時代のキットを組んでみるとその時々の工夫に感心したりします。いくつか作ってみると機構の違いや進歩の度合いがわかって面白いので、興味のある方は各時代のガンプラをいくつか作ってみるといいと思います。

足首間接のパーツ

さて、話は戻りまして、脚の加工に入ります。今回は膝間接の後ハメ加工はめんどくさいからやりませんでした。
その代わり、気休め程度に薄くスライスしたポリランナーを間接をはめる穴に入れてやりました。
気休め程度ですが、少しスムースに動くようになった気がします。
そして、足首の加工に入ります。

写真のようにすねパーツを加工し、くるぶし部分の間接パーツを切り飛ばしプラサポを埋め込みます。
先端のほうは斜めに切ってやります。
これにボールジョイントをつけてやるのですが、ボールの受けにBJPMのパーツを使いました。
このパーツを使うと保持力は若干落ちますが、省スペースにボールジョイントを収めることが出来るので、
結構、お勧めです。

少し接地が良くなりました。

足首にBJPMのパーツを接着しました。正直あまり動きませんが、接地に必要な分の可動範囲は確保できたので、これで良しとします。

今日のところはここまでです。
ではでは。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

BANDAI 1/144 GM その1

このブログを御覧の皆様、こんばんは。

先日、F-15 Dを作ってたときですが、貼るデカールを探して、模型机を漁っていたのですが、
そしたら、こんなのが出てきました。

1/144 旧キットGMの箱

正確にはジャンクボックスの中で、可動改造のために切り刻まれて、木っ端微塵になってしまい収集が付かなくなっているやつと、おそらくリベンジのために用意した、パーツだけのやつと、この箱の中身の計3機分。

1機目はどうしようもないので、可動改造の検証用にして、今回は2機目を作ろうと思います。

で、昔を懐かしみながら、ストレートに組むか、ちょっと前に流行った、パーツの取り付け位置をずらして、
アルミ線で固定する組み方をするか、ポリキャップを仕込んで可動させるかで、少し悩んだのですが、
今回はプロポーションをいじるのは最小限に抑えて、股関節と足首にボールジョイントを仕込んで、
箱絵のように素立ちさせるのと、脚を広げた今時の素立ちと両方楽しめればいいかな?と言った感じで作り始めました。

で、早速太ももにボールジョイントを仕込んでみました。

太ももの加工

上が加工前、下が加工後です。右側のパーツはニッパーでラフに切り飛ばした後、リューターでそれなりに平らにしています。
左側はテーパーリーマーで穴を広げた後、ニッパーで切り飛ばしています。そして、左端のボールジョイント+プラサポを中に仕込んで接着します。このとき、ボールジョイントには先にボールを差し込んでおいたほうが良いです。後でやると中々うまく入らないので。

ここまでできました

そんなこんなで、ここまでできました。

股関節はタミヤの5mm角棒にドリルで穴を開けて接続しています。
胴体は真ん中(結構ずれましたが)で切り離して、数ミリ詰めています。
ほんとは切り離すつもりはなかったのですが、作業が楽になりそうなので、
上半身と下半身を切り離しています。

頭部についてもいじるつもりはなかったのですが、胴体幅詰めの影響で、つかなくなってしまったので、
ボールジョイントを埋め込みました。やり方は写真だとわからないと思いますが、

1.頭部パーツの首の部分を切り取る
2.エポパテの団子を作って中に詰める
3.ボールを入れたポリキャップをそのまま押し込む
4.ジャンクボックスに入っていたバーニアで首パーツをを作る

といったことをやっています。

腕については特に何もしないつもりでいるのですが、二の腕を先に塗っておかないと組めなかったりするので、
何とか後ハメできないかなと考え中です。

今日のところはここまでです。ではでは。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

園場成之

Author:園場成之
私のブログへようこそ!
ぬるいサイトですがどうぞ、お楽しみください。
模型友達募集中です!
リンクはご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。