スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drunk Dog Works 1/20 MK44 その6

このブログを御覧の皆様、こんにちは。

GWいかがお過ごしですか?私は前半は模型三昧で、後半はカミさんや、友達と遊びに行く予定です。

で、長らく放置していたMK-44をちょっと強引ですが、完成にもって行きました。

MK44正面から

MK44右斜め前から

MK44右斜め後ろから

MK44左斜め後ろから

MK44ハッチ周りアップ

前回との違いは足回りを中心にタミヤウェザリングマスターを使って汚しをかけたことと、バズーカー?をガンメタに塗りなおしたことです。
ホバーで移動する装甲スーツの汚れってどんなだろうなあと想像しながら汚してみたものの足回りはとにかく汚くてよくて、上半身どうすんべ?と言うところでちょっと詰んでます。とりあえずライトサンドでうっすらと汚してみたんですけどね。
何か、新しいテクニックを身につけたら、またいじってみたいなと思います。
でも、ハセガワからキットが出るので、そっちでやってもいいかなあ。でもあれ2個セットで高いんだよなあ。と悩みつつ今回は終了です。
本当はもうちょっと汚したほうがいいのかなとも思うのですが、ちょっと勇気とやる気が足りないので、この辺で、ひとまず完成としたいと思います。

ではでは。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

Drunk Dog Works 1/20 MK44 その5

このブログを御覧の皆様、こんばんは。

年末くらいにハセガワからMK44が発売される予定でしたが、延期になりましたね。
ちょっと残念ですが、その分今作ってるキットを発売日までに完成させると言う目標が延びてよかったりします。

というのも、今こんな状態なんです。

MK44左前

MK44左後ろ側

MK44右後ろ側

MK44右側

MK44正面から

MK44正面からのアップ

一通り工作が完了して(武器はレーザーガンみたいなのとバズーカみたいなのの選択式だったのですが、レーザーガンはハセガワから出るキットにもついてそうだったので、バズーカにしました)、カラーパターンをFW190 D-9 イエローテールから持ってきて、本体を塗ってはみたものの、汚し方が判らなくて詰んでます。全身に光沢のトップコートを拭いているので、後は、油絵の具、パステル、ウェザリングマスターなどを駆使して塗れば良いのですが、ちょっと勇気がいるので、出来ません。で、このキットを汚す前に、別のキットを作って、実験&練習しようと思ってます。今の状態も、これはこれで気に入ってるので、しばらく、このままでもいいかなとも思うので。

そんなわけで、次の記事に続きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

Drunk Dog Works 1/20 MK44 その4

このブログを御覧の皆様、こんばんは。
3連休は如何お過ごしですか?
今回の大型台風にかなりビビッていたのですが、あっさりと通り抜けてくれて、少し拍子抜けしました(^^;

とはいえ、出かけられないので、MK-44の製作を進めて下地が塗り終わりました。
これから、本体色の塗装と、組立に入っていきますが、途中経過をアップします。

まずは、エンジン?部分のアップです。

エンジン?部分

機体内部色をどうしようか、かなり悩んだのですが、横山メカは、第二次大戦機からカラーパターンを持ってくると大概、それらしくなると言う噂があるので、Fw190D-9から持ってくることにしました。
で、機体内部色はタミヤのFw190D-9のインストによるとタミヤアクリルのジャーマングレーとのことなので、それに決定。で、エンジンぽい部分は安易にガンメタで。ただ、ちょっとだけ、ハルレッドを混ぜて錆っぽい感じを出してみました。まあ、組んだらほとんど見えなくなるところなので、このくらい適当で良しとします。

シート部分

つづきまして、胴体部分です。上記のエンジンをボディに組み込んで、シートをつけています。
写真だと緑っぽい内部色ですが、これはジャーマングレーです。
カメラをシェアしている、カミさんが何か設定いじってるっぽいので、そのせいかもしれません(^^;
ちなみにシートの色はタミヤアクリルのハルレッドです。本来は船の底の色ですが、なんとなく合皮っぽい色をしている気がするので、Ma.kだとシートとか、肩パッドなんかで多用しています。

フィギュアが乗りました

続いて、ボディの前面です。フィギュアをくっつけて、写真を撮ってみました。
本体色の下地ですが、タミヤアクリルのダークアイアン(履帯色)です。
色味としてはもっと黒っぽいやつを想像していたのですが、GSIクレオスのマホガニーをちょっぴりメタリック調にさせたような感じの色です。本来の履帯に使えるかちょっと疑問を感じる色見ですが、どうなんでしょうね?現用戦車とかこんな色なのかな?それとも、どうせ汚れてるものだからこんな感じでいいじゃんというタミヤからの提案かな?とか色々考えたりするのですが、とりあえず、下地の色としては結構面白いかなと思っています。
本体色塗るときに少し下地が残せたらいいなと思うのですが、かなりの高確率で塗りつぶしてしまうでしょう(^^;

フィギュアのアップです。

最後にフィギュアのアップです。ちょっと暗めですが、中々渋いおっさんになったかなと思っています。
塗り方ですが、
1)アクリル塗料で肌色を塗る。
2)目の辺りをエナメル塗料(レッドブラウン)でスミイレする。
3)はみ出したところを溶剤でふき取る。
4)顔が茶色くギタギタするので、ウェザリングマスターで抑える。
5)はみ出したウェザリングマスターをふき取るところですが、あえてそのまま、各所に塗りたくる。
6)いい感じに色がなじんだので、自己満足に浸る(苦笑)。

こんな感じです。
本当は白目を塗って、瞳も塗って、と行きたかったのですが、フィギュアの目が細くて、塗り分けが大変なのと、スミイレで、思いのほかいい感じに仕上がったので、とりあえず、これでいいやと言う感じです(^^;

ちなみに、今回の肌色を塗るにあたって、アクリルガッシュを使ってみました。
が、エナメル塗装の失敗で面棒でふき取り作業をしたら、塗膜まで持ってかれてしまったので、タミヤアクリルで塗りました。
正直、肌色の色味はガッシュの方が気に入っていたので、ちょっと惜しいのですが、エナメルのふき取り無しで出来るようになるまでは、ちょっと保留かなあと言う感じです。この辺も精進あるのみですね。

次回は本体色をとりあえず塗ってみて、組むところまでいけたらいいなと思います。

ではでは。

2013/9/18付記
ごめんなさい。本文中、内部色をジャーマングレーで塗ったとありますが、どうも隣に置いてあったNATOブラックで塗った可能性が濃厚です(だから緑っぽいのでしょうね)。ジャーマングレーで塗りなおしたら、少し明るい色になりました。
今日はちょっと時間がないので、また後日アップできたらと思います。
ではでは。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

Drunk Dog Works 1/20 MK44 その3

このブログを御覧の皆様、こんばんは。
本日2回目の更新です。

MK-44の本体仮組みがあらかた出来たので、アップしてみます。

正面から

フィギュア部分のアップはこうなってます。

フィギュアアップ

インストを見るとフィギュアの取り付けは下の図のようになっているのですが、

インストの1部

この組み方だと、胴体前面とフィギュアの間に隙間が出来てしまうので、フィギュアは胴体前面の方に固定しました。

横から

横向きからの写真です。ネットで写真を探すと、アーマーつきの完成品がヒットするので、アーマーの付いてない状態をお楽しみください(^_^)

ちなみに、脚のアップはこんな感じです。

脚のアップ

脚が入る部分の下にさらに関節を設けてある、ちょっと面白いデザインだと思います。

最後に背面から。

背面から

写真には載っていませんが、関節部分にオリジナルモデルでは戦車の転輪を使ったり、かかとの部分におそらく、FIREBALLのノズルを先端を使ったりしてると思います。こういうのを調べて置き換えたりすると楽しいんだろうなあとは思うのですが、めんどくさいし財力もないので、全部パーツを用意してくださった原型士の伊原源蔵氏に感謝です。
キットの方はもうちょっといじったら下地塗装と本組に入ろうと思っています。
ではでは。

2013/9/10追記 誤字を発見したので直しました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

Drunk Dog Works 1/20 MK44 その2

このブログを御覧の皆様、こんばんは。
MK44ですが、早速、仮組みを開始しました。

仮組み完了

胴体部分がなんとなく形になってきましたが、これが、また、ディティールが細かいんです。
胴体パーツを2つに分けるとこうなります。

胴体を二つに割るとこうなってます

組んだら見えなくなる、全面装甲の裏側や、コクピット部分についても作りこまれています。

コクピット拡大

フィギュアをはずしてコックピットのアップです。背面のブロックは別パーツなので今は、外れます。

エンジンらしきものと背面

背面のブロックをはずすと後ろはし写真の右側のようにエンジンみたいになってます。左泡は胴体の背面ですね。

とにかくディティールが細かくて、組んでて感動します(^_^)
原型氏の伊原源蔵氏に感謝です。

完全封印するのももったいないので、ハッチオープンで作る予定です。
今日はここまで。
ではでは。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

園場成之

Author:園場成之
私のブログへようこそ!
ぬるいサイトですがどうぞ、お楽しみください。
模型友達募集中です!
リンクはご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。