スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HASEGAWA 1/72 4号戦車 F1型 その3

このブログを御覧の皆様、こんばんは。

4号戦車完成しました。

4号戦車F1型 斜め上

4号戦車F1型 左側

4号戦車F1型 正面

4号戦車F1型 右側

4号戦車F1型 後ろ側

今回のテーマは「グラデ塗装に挑戦」だったのですが、最後の方はどっかに行っちゃいましたね(^^;
汚しに関しては控えめがかっこいいと言う俺理論により、パステルを使いたいのをこらえて、タミヤのウエザリングマスターでの汚しにとどめています。ウオッシングとかフィルタリングとかはやるのを忘れて、エッジの部分やマーキングの部分なんかにも付けました(^^;
なので、ちょうど一昔前のドライブラシで陰影を強調する感じの仕上がりになりました。

ちょっと、手抜き気味ですが、自分なりには新しい技法にトライしたり、足回りの汚しもいつもと違って、あっさり目に仕上げられたので、結構満足してます。まあ、汚しは新しい技法を試すときに実験台にするかもしれませんけどね(^^;

そんなわけで、今回はこんな感じです。
ではでは。
スポンサーサイト

HASEGAWA 1/72 4号戦車 F1型 その2

このブログを御覧の皆様、こんばんは。

4号戦車ですが、今回はグラデ塗装にチャレンジしてみました。

タミヤアクリルのNATOブラック、ダークグレイ、ニュートラルグレイ、スカイグレーの4色で、下地を作って、最後に本体色のジャーマングレーを薄く吹いて、1色なのに光と影がある感じを狙ってみました。

結果はこうです。
まず、下地色です。

4号戦車F1型 下地

グラデーションはネットの作例を見ながらテキトーにやってみたのですが、それなりにできたかなあと言う感じです。

次に本体色のジャーマングレーを塗った状態です。

4号戦車F1型 本体色

下地色の方が、メリハリがあっていいような気もしますが、こっちはこっちでベタ塗りよりもメリハリがあって、やってよかったかなと言う感じです。

でも、下地色の方がメリハリあって写真栄えするなあ、下地を塗るときに、途中でジャーマングレーを入れて、「これが流行のカラーモジュレーション塗装です(たぶん)」とか言い切った方がよかったかなあとも思ったり(^^;

まあ、今回はこれで良しとして、装備品の塗装や、汚しに入ろうと思います。
ではでは。

HASEGAWA 1/72 4号戦車 F1型 その1

このブログを御覧の皆様、再びこんばんは。

夏休みに作ったぞーシリーズ第2弾はこれです。

4号戦車F1型 箱絵

HASEGAWAの1/72 4号戦車F1型です。
積みプラがいっぱいあるのに、つい衝動買いしちゃいました。
短砲身の戦車ってなんか好きなんですよね。

で、早速、組み始めました。

4号戦車F1型インスト

インストを見ていただくとわかるのですが、意外と細かくパーツ分けされています。ピンセットは必須ですね。
で、今回とてもうれしかったのが、各パーツについて、「これは消火器」、「これはジャッキ台」と説明があったことです。
不勉強なもんで、各パーツが何なのかよくわからないで組んでたところがあったので。ググりたくても、名前がわからなくてなんともしようがなかったりしてたもんで、今回はとても勉強になりました。

で、組み上がったらこうなりました。

4号戦車F1型 左側面

砲塔の後ろの部分はなぜかものすごく隙間があるので、エポパテで埋めました。

2014年9月18日追記
この部分、隙間があるのが正解みたいです。これから作る人は埋めないでくださいね。(^^;

4号戦車F1型 正面

4号戦車F1型 右側面

4号戦車F1型 後ろ

塗装については新しい技法を試そうかどうしようか検討中です。
そんなわけで、フォッケよりも先にこっちが完成しそうです。
きょうはここまで。
ではでは。

プロフィール

園場成之

Author:園場成之
私のブログへようこそ!
ぬるいサイトですがどうぞ、お楽しみください。
模型友達募集中です!
リンクはご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。