スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BANDAI 1/144 GM その2

このブログを御覧の皆様、こんばんは。

先日からはぼちぼちとGMをいじっててやっと記事にする余裕がで敵ました。
今回は肩関節からです

プラサポとポリランナー

ポリキャップのランナーからT字の部分を切り取り軸にします。プラサポのほうは薄く切ってやります。

合体!

薄く切ったプラサポを2つ作ったら、先ほど切り取ったポリランナーに取り付けます。
この後ポリランナーがはみ出した部分は切ってしまいます。
あと肩パーツを写真の左のように加工します。


さらに合体!

プラサポもそのままでは肩に収まらないので端っこを切ってやります。

合体完了!完成!肩関節!

肩関節が完成しました。これで胴体に穴を開けてあげれば、後ハメできるようになります。
しかし、シンプルに組む予定だったのになんでか、可動工作ばかりしている気がします。
まあ、楽しいからいいんですけどね(^-^)

ここで、ちょっと話を中断して、このキットのすごいところを説明したいと思います。
まずは写真を見てください。

旧キットGMのすごいところ

GMの肩関節の内側は丸ではなく、多角形になっています。で、その下のピンで押さえることで、一定のテンションを保って間接がスムースに動きます。ガンダムと比べると後ハメできなくなった分退化してると言う説もありますが、強度を考えるとこのやり方はすばらしいと思います。
個人的にはガンプラの歴史は可動範囲を如何に増やすかの試行錯誤から出来ていると思っているので、時代時代のキットを組んでみるとその時々の工夫に感心したりします。いくつか作ってみると機構の違いや進歩の度合いがわかって面白いので、興味のある方は各時代のガンプラをいくつか作ってみるといいと思います。

足首間接のパーツ

さて、話は戻りまして、脚の加工に入ります。今回は膝間接の後ハメ加工はめんどくさいからやりませんでした。
その代わり、気休め程度に薄くスライスしたポリランナーを間接をはめる穴に入れてやりました。
気休め程度ですが、少しスムースに動くようになった気がします。
そして、足首の加工に入ります。

写真のようにすねパーツを加工し、くるぶし部分の間接パーツを切り飛ばしプラサポを埋め込みます。
先端のほうは斜めに切ってやります。
これにボールジョイントをつけてやるのですが、ボールの受けにBJPMのパーツを使いました。
このパーツを使うと保持力は若干落ちますが、省スペースにボールジョイントを収めることが出来るので、
結構、お勧めです。

少し接地が良くなりました。

足首にBJPMのパーツを接着しました。正直あまり動きませんが、接地に必要な分の可動範囲は確保できたので、これで良しとします。

今日のところはここまでです。
ではでは。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

こんばんは!
着々と進んでますね!
楽しんで作ってらっしゃるのが良くわかります、プラモって言うより
スクラッチに近くなってますねw

昨年僕もMGのザクを作ったのですが、
初代から一足飛びに今時のザクVer2を作ったのでかなり興奮しました!
プラモで、メカを意識し、しかもほぼ完璧な可動部分の工夫に、
浦島太郎状態で感心しながら組み立てました。
國場さんのおっしゃる通り、工夫の積み重ねで、今があるんですよねぇ
國場さんの作品も次が楽しみです!楽しんで下さい!!!

No title

KinaTENさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

作業は楽しいですが、ギミックは試行錯誤なので、結構ひやひやします。
部品取り用キットがあって、失敗したらそこから持ってこれるので、
まあ、そんなにびくびくすることもないのですが、できれば失敗したくないので、
慎重に作業してます。それでも、工作精度は大雑把ですけどね(^^;

MGザクVer2.0は、私はガンプラは1/144が専門なので、
作ったことないですけど、いろんな劇中のポーズをさせている写真とか観て
すごいなあと感心してます。
機会があれば、いつか作ってみたいなあと思います。

No title

可動工作面白いですね。
自分なんかは動かしたりポーズ付けたりしないので
可動よりも後ハメ加工に興味ありますね。
自分が一番面倒に感じるのは膝と肘ですが
あの部分をうまく後ハメする方法ってないですか?

No title

TOMOさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私のやってる可動工作は、後ハメのための工作をするついでに、
やってます。例えば、首と肩は胴体に挟み込む仕様になっているので、
まともにやると、首と肩を塗って胴体を組んでから表面処理とか
いう手順になってしまうので、後ハメ加工が必要でした。
で、後ハメ加工のため、軸を追加するついでに、可動できるように
作っていたら、こんな風になってしましました。

肘と、膝に関しては後ハメ方法も考えたのですが、難しいですね。
私も色々考えたのですが、良い工作が浮かばなかったので、
そのまま組むことにしました。

個人的には肘に関しては市販の間接パーツにあわせて、
デザイン変えないと無理かなあと思っています。

膝については固定モデルならば、関節用のダボを切り取って、
アルミ線を通してつないでやるのが簡単そうですね。

一方、可動の場合は脛側にポリキャップ
-○- ←こんな形のやつ
を仕込んで、太腿側は接続用のダボを切り取って、
ダボのあった位置の中央から下まで穴を開けて、
腿側に軸を一本通してしてやった上で接続と言った形になるかなと思います。

または今回の肩の工作のようにT型のポリランナーを膝に仕込んで、太腿側は、やはり、ダボのあった位置の中央から下まで穴を開けて、さらにポリランナーが収まるように、穴を開けてやる(エポパテとか事前に詰めておかないといけないかもしれません)と言った手が考えられます。

腿に関しては、どっちにしてもやればたいしたことはないような気がしますが、
最終的には素立ちで飾るため、面倒なので省略しました。

もともと、ガンダムSeeDのコレクションシリーズ程度の可動が確保できればいいやと思って気楽に作業に入ったのですが、後ハメを考えるとどんどん可動範囲が増えていくのが悩みの種です(一生懸命作っても、あまり可動しないんですよね)。

でも、これはこれで楽しいし、勉強にもなるので、まあいいやって感じですね。
次回旧キットを可動モデルで組むことがあったら、挑戦してみますね。

No title

詳しくありがとうございます。
やはり肘、膝は難しいのですね。
いつも塗装する際のマスキングすごく面倒なので
何か良い方法があるのではと思ったのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

園場成之

Author:園場成之
私のブログへようこそ!
ぬるいサイトですがどうぞ、お楽しみください。
模型友達募集中です!
リンクはご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。