スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNIMAX 1/72 KV-2

このブログを御覧の皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

現在製作中のエルガイムですが、塗装した後に、あまりに継ぎ目が消えていないことが発覚したので、現在リカバリー中です。

そんな中、時々、通ってた模型店、ラッキーベイフォートが閉店してしまうことになってしまいました。
ここは輸入品のプラモなども扱っていて、行くだけでも、目の保養になっていたのですが、大変残念なことに閉店しまうとか。で、閉店セールに行ってきて、こんなキットを買ってきました。

箱絵

よく知らないのですが、UNIMAXというメーカーの1/72のKV-2です。大きな砲台がどこかユーモラスで、好きな戦車のひとつです。
で、箱を開けてみたら、こんな感じでした。

パーツ一覧

パーツ少なっ。転輪がめんどくさいだけで、あっという間に組めそうです。

フィギュアはPVC製

フィギュアと履帯はPVC製のようです。サフとか吹かずに塗れるのかちょっと心配です。
まあ、それはとりあえず気にしないで、サクッと組んでみました

サクッと組みました

想像以上にパーツの合いが良くて、ストレスなく組めました。ハッチの周りが汚れているのは、流し込み接着剤をこぼしてしまったからです(^^;

手摺を真鍮線に

このキットに限ったことではないのですが、ミニスケでは手摺が省略されていることが良くあります。
このキットでもモールドとして処理されていました。
サクッと完成させたかったのですが、さすがに手摺くらいは直そうかなと思って、真鍮線に置き換えてみました。
上の部分も本当は置き換えなければいけなかったのですが、気づかなかったので、そのまま気づかなかったことにしています(^^;

そんな調子で、あまり凝らないで、サクッと完成させました。

まずは戦車兵から

フィギュア塗りました

PVC製なのでどうなることかと思いましたが、普通に塗れました。今回、ヘッドルーペを導入してみたのですが、中々慣れなくてしっくりきませんが、まあ、いつもより綺麗に塗り分けられたかな?と思います。
処理としては、普通に塗り分けて、顔の辺りを茶色でスミイレしただけですが、ベタ塗りよりだけで済ますよりはいいかな?と言った感じです。ただ、肌色は、もうちょっと白っぽくしても良かったかなあというのが反省点ですね。

で、本体ですが、こんな仕上げにしました。

左前から

右前から

右後ろから

左後ろから

汚し塗装はウェザリングスティックで塗りたくって、アクリル塗料のうすめ液で伸ばして、ついでに本体にもドライブラシのようにこすり付けてやって完成!今回はウオッシングとかフィルタリングとか無し!
なんだか手抜きのようですが、と言うか手抜きなんですが、これくらいで抑えてサクッと完成ってのもなんかいいかなと思ったりしてます。

最近思うのですが、模型に限らず、少し、「やらなければいけない」と思い込んでいるものを見直して、「実はやらなくても大丈夫」なことを省いて、もう少し、楽に生きようかなと考えています。
というと、なんだか大げさですが、要は手を抜いてでも完成品を増やしたいなと言うことです(^-^)

そんなわけで、今年も不定期でぬるい記事をぼちぼちとあげていくと思いますが、皆様よろしくお願いいたします。
ではでは。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

園場成之

Author:園場成之
私のブログへようこそ!
ぬるいサイトですがどうぞ、お楽しみください。
模型友達募集中です!
リンクはご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。